ATF交換 / 高梨自動車|柏市の板金塗装、車検なら

ATF交換

ATF交換

そもそもATFとは

オートマのギアに使われるオイルの事です。

ATFはオートマチック・トランスミッション・フルードの略称で、動力の伝達・シフト制御・部品の潤滑・トランスミッションの冷却・トランスミッションの洗浄など多岐にわたっており、非常に重要な役割を果たしているオイルです。

「ATFを長期間交換しないと?」

  • 燃費が悪くなる
  • 加速が悪くなる
  • 変速時のショックが大きくなる

「ATF交換の目安」

ATF交換の目安は30,000km~です。

ATF交換のメリット

今までのATF交換

長い間無交換だった車がオートマオイルを交換すると、蓄積されたスラッジがはがれアリの巣のようになっているバルブボディーなどを詰まらせてしまします。最悪の場合、走行不可能になる場合があり、特に多走行車などは難しい作業でした。

そこで登場!全自動トルコンチェンジャー

【圧送全自動+ミッション洗浄機能】

  • オイル交換後は自動的にミッション洗浄に切換え、内部の汚れを回収しオイルラインをクリーニング
  • ミッション内の汚れをオイルで洗浄し、フィルターでろ過
  • オイルクーラー内部の狭い通路もクリーニングし、目詰まり防止
  • 5個のフィルターでスラッジを除去

「廃油と新油の汚れ度合いをモニターでチエック」

交換事例

↑ラジエータの下部のオートマオイルクーラーの配管を外しトルコンチェンジャーの配管を接続して人工透析の様な感じで行います。

現車のオートマチックトランスミッションオイル(ATF)は必要量は2.1リットルです。本来ならATF全量2.1リットル抜いて2.1リットル補充すれば良いのですが、走行距離が多い車だとオートマの内部も汚れてスラッジ等が側壁にこびりついていて新オイルを一気に入れるとオイルの清掃作用によって、こびりついていたスラッジ等がボロボロ落ちてオートマの機構に入り込みオートマの故障につながります。

そこで10リットルの新オイルを使って少しずつ古いオイルと新しいオイルをフィルターを通して異物を濾し取りながら混ぜ合わせ最後に新油を規定量入れ替えます。

真ん中の黒い部分が汚れたオイルです。

左が新オイル、右が、新オイルと汚れたオイルを清掃しながら混ぜ合わせて循環したオイルです。

※この全自動トルコンチェンジャー(圧送式交換法)は全ての車種には対応してる訳ではございません。
対応車種等については、直接整備スタッフにお問合わせください。
PAGETOP
Copyright © 高梨自動車有限会社 All Rights Reserved.