旧車のレストア / 高梨自動車|柏市の板金塗装、車検なら

旧車のレストア
  • HOME »
  • 旧車のレストア

旧車のレストア

旧車のレストア

永く大切に乗られたお客様の「愛車」を、もう一度私たちの手で新車さながらの状態によみがえらせます!高梨自動車にはその為の「技術」「設備」そして何よりも車を愛する「思い」があります。お客様の愛車に命を吹き込み、大切な、思い入れのある1台を末永く乗っていただくために、私たちは全力を尽くします。

レストア事例1(ポルシェ・スピードスター 356)

古い塗装膜を除去してます。急いで次の行程に行かないとむきだしの鉄板は直ぐに錆が発生します。そのためホディー全体の塗装を何日もかけて一気に除去するのでは無く一日に出来る分だけ塗装を除去します。

除去した鉄板に直ぐにパテ等を塗る前に金属表面処理剤を塗装室にて塗装します。

金属表面処理後パテ付けをして研磨修正を行います。

反対側も同様に行います。

パテ付け研磨修正後プライマーサフェイサーと言う下地処理を塗装します。やはりパテが水分を吸収するためボディー全体を塗装するのでは無く少しずつ塗装します。

リヤ側もフロント側と同様に塗装除去します。

表面処理剤の塗装です。

パテ付け研磨修正です。

2回目のパテ付け研磨修正です。

ボンネツトの裏側も完全に痛んだ塗装や錆を除去します。

ボンネット裏

トランクの裏側だって手抜きせず

メーターパネル廻りもしっかりと

もちろん床も

しっかり錆止め

塗装もまとめて塗装するのでは無く個別に塗装します。

ドア部分の塗装

奥の奥までしっかり塗装します。

塗装乾燥後、少しずつ組み立てて行きます。

内装もきれいに

組み立て完了後、塗装面保護のためガラスコーティングを施工致します。

完成です。

レストア事例2(ポルシェ911)

ポルシェ911の錆補修

鋼板の腐食により穴が開いています

腐食箇所の補修

新しい鉄板を加工して溶接

塗装作業

塗装作業

塗装作業

フェンダー内側の補修

ボンネット裏もしっかり補修

デスクローターの取り外し

塗装準備

錆防止のための塗装を実施

PAGETOP
Copyright © 高梨自動車有限会社 All Rights Reserved.